国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2013-02-03

[][]『少年文集』投書規定「書体楷書にて仮名平仮名を用ゐ」 『少年文集』投書規定「書体は楷書にて仮名は平仮名を用ゐ」 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『少年文集』投書規定「書体は楷書にて仮名は平仮名を用ゐ」 - 国語史資料の連関 『少年文集』投書規定「書体は楷書にて仮名は平仮名を用ゐ」 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

一 投書課題懸賞文、及び其他の小説詩歌国文漢文新体詩俳句英文に限る、政治論に渉るものは没書とす。

二 懸賞課題以外の投書と雖ども、優等のものは相当の褒賞を贈るべし。

三 用紙は半紙又は美濃紙に限る、(但英文は洋紙を用ゐ文字は最分明を要す)懸賞文は一人一篇に限る、字数広告の通り。通常の投書は一行廿四字詰七十行以下、一人につき二篇に限る。

四 投書には題の下に住所姓名を明記し、書体楷書にて仮名平仮名を用ゐ明瞭を要す、各種の投書及各自の投書は勿論漢詩和歌等は課題課題外は必ず別紙に認むべし。且つ封筒の上に『少年文集原稿』の文字を明記すべし。

五 投書の中には他の用事の文句を記す可らず。

六 投書には圏点を施すことなかれ。

七 投書は他人の文章詩歌等を剽窃するを禁ず。

八 投書には各自句読を施すべし。

『少年文集』2-8による 明治29.8.10 

SainalcuteSainalcute2015/08/29 17:49If you wrote an article about life we'd all reach enntihgenmelt.

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20130203

2013-01-27

[][]『闘文投書規定 『闘文』投書規定 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『闘文』投書規定 - 国語史資料の連関 『闘文』投書規定 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

用紙は半紙二つ折り(餘白ありとも切斷する勿れ)

一面十行詰

一行二十四字詰

行数四十行以内

字體楷書にて清書すべし

各行の間及天地前後は成るべく明け置くべし

一人にて各種の投書をせらるゝ時は各題別の紙を用ゆべし

文題の下には必ず修學中の校名(客員は此限に非ず)及姓名を記し且つ年齡を附記すべし(年月宛名等を書くべからず

寄稿の種類は文章詩歌俳句、質疑、笑草、考物

封紙には「原稿」と表記すべし

会員の寄稿は多く掲載すべしと雖此規定に反すれば沒書と為すべし

文章已上一回に投書する時は秀逸を擇んで一文のみ掲載す

闘文』3-8による 明治33.4.16 

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20130127

2013-01-26

[][]『青年志叢』投稿要領 『青年志叢』[[投稿要領]] - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『青年志叢』[[投稿要領]] - 国語史資料の連関 『青年志叢』[[投稿要領]] - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

原稿は一行廿四字詰楷書にて発行期日十五日前に差出すべし

 但し英語は「ローマン、レター」或は「イタリック」にて可成丈分明に記載せらるべし

『青年志叢』 第壱號 明治23.11.25 (京都

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20130126

2013-01-23

[][]『中学文壇』投稿要領 [[『中学文壇』]]投稿要領 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - [[『中学文壇』]]投稿要領 - 国語史資料の連関 [[『中学文壇』]]投稿要領 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

中学文壇懸賞論文募集広告

一 普通文 八十行限

一 書簡文 四十行限

一 和文  五十行限

一 小説  二百行限

一 漢文  二十行限

一 漢詩  絶句

一 新体詩 七五調

一 和歌

一 俳句

一 英文

題は隨意なりと雖も季に関する者は其当季なるを要す

 右賞品

 天賞 時計    一個 

 地賞 織物    一反

 玄賞 金蒔絵硯箱 一個

 黄賞 図書(金五十銭相当)

  但し新体詩漢詩俳句は無賞

軍事に関する論文抒情文美文随筆文、新体詩漢詩和歌俳句等を歓迎す


一、投書家?は中学校?師範学校生徒、高等女学生?若しくは此程度の少年たるべし。

二,投書はすべて政治的時論に渉るべからず。

三,投書は、一行廿七字詰、一枚二十五行に認むべし。

四,投書正字にて明瞭に認むべし。

五,用紙は半紙(又は半紙罫紙)に限る 長文にして数行に渉るものは之を補綴すべし。

六,漢詩和歌俳句半紙半枚に各一章を限る。

七,文題の下に住所、姓名、年齡を詳記すべし。

八,天地左右をあけ、且つ行と行との間は餘白を存じ置くを要す。

九,原稿には一切他の文句を記すべからず。

十、原稿は何等の請求あるも之を返却せず。

141号(明治37.5.20)による

別に「懸賞規則」もあり。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20130123

2013-01-21

[][]学生筆戦場投書規則 学生筆戦場投書規則 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 学生筆戦場投書規則 - 国語史資料の連関 学生筆戦場投書規則 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

第一 本誌は文章練習の雑誌なれば投書文章に限る 詩歌は掲載せず

第二 本誌の投書は叮嚀に添削批評して掲載するものとす

第三 投書原稿の上封は必ず左の雛形に據ること

東京日本橋区本町三丁目

 博文館編輯局

      御中

   筆戦場原稿在中

第三 原稿は一行二十五字詰一頁十行にて正楷を以て叮嚀に浄書すること

第四 原稿の行数は五十行を超ゆるを得ず 但し五十行以上に渉るときは二三回に分ちて寄稿するも妨げなし

第五 原稿の用紙は半紙若しくは半紙形の罫紙に限る

第六 原稿は各通文題の下に府県町村番地及び姓名を詳細に記入すること 但し雅号あるものは姓名の上に記入するも妨なし

第七 投書原稿は政治論、及、罵詈讒謗、卑猥に渉るを得ず

第八 原稿に○○○○丶丶丶丶丶の如き圏点を附するを得ず 但し句読を切るは妨なし

第九 一枚の用紙に二題以上の文章を連書するを得ず

第十 原稿は掲載すべき号の発行十五日以前に到着するやうに投書すること 此より後れたるものは次号に譲る

第十一 此投書規則に違ひたる原稿は没書とす 又原稿は一切返却せず

第四卷七号による


第一 本誌は文章練習の雑誌なれば投書文章に限る 詩歌は掲載せず

第二 投書原稿の上封は必ず左の雛形に據ること

東京日本橋区本町三丁目

 博文館編輯局

      御中

   筆戦場原稿在中

第三 原稿は一行二十五字詰一頁十行にて正楷を以て浄書すること

第四 原稿の行数は六十行を超ゆるを得ず

第五 原稿の用紙は半紙若しくは半紙型の罫紙に限る

第六 原稿は各通文題の下に府県町村番地及び姓名を詳細に記入すること 但し雅号あるものは姓名の上に記入するも妨なし

第七 投書原稿は政治論、及、罵詈讒謗、卑猥に渉るを得ず

第八 原稿に○○○○丶丶丶丶丶の如き圏点を附するを得ず 但し句読を切るは妨なし

第九 一枚の用紙に二題以上の文章を連書するを得ず

第十 原稿は掲載すべき号の発行十五日以前に到着するやうに投書すること 此より後れたるものは次号に譲る

第十一 此投書規則に違ひたる原稿は没書とす 又原稿は一切返却せず

第四卷六号による



旧規約

第一 本誌は文章練磨の雑誌なれば投書文章に限る 詩歌は掲載不致候

第二 本誌に投書せらるゝ原稿の上封は必ず左の雛形の通、御認被下度候

東京日本橋区本町三丁目

 博文館編輯局

      御中

   筆戦場原稿在中

第三 原稿は一行二十五字詰にて字体明瞭に御認被下度候

第四 原稿の行数は制限なしと雖も大略六十行位迄をよしとす

第五 用紙は半紙若しくは半紙型の罫紙

第六 投書は各通文題の下に住所姓名を明白に記入せられ度候

第七 一枚の用紙に二題以上の文章を連書せざるやう願度候

第十 投書は掲載すべき号の発行十五日以前に到着候様願度 此より後れたるものは次号に譲り可申候

第十一 此投書規則に違ひたる原稿は没書致候間、左樣御承知被下度候 又原稿は一切返却不致候

第四卷三号による(四号も同じ)

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20130121