国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2011-02-20

[]【お疲れ様】【御苦労様】悠玄亭玉介[[【お疲れ様】]]【御苦労様】([[悠玄亭玉介]]) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - [[【お疲れ様】]]【御苦労様】([[悠玄亭玉介]]) - 国語史資料の連関 [[【お疲れ様】]]【御苦労様】([[悠玄亭玉介]]) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

 そうそう、咄家ってのはね、「お疲れさん」なんていわないんだ。

「おはようございます」に「ご苦労さん」。

 同じ芸人世界でも、ちがうんだよな。

幇間の遺言 (集英社文庫)

幇間の遺言 (集英社文庫)

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20110220

2011-02-19

[]【お疲れ様】【御苦労様】リーガル千太1973[[【お疲れ様】]]【御苦労様】([[リーガル千太]]1973) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - [[【お疲れ様】]]【御苦労様】([[リーガル千太]]1973) - 国語史資料の連関 [[【お疲れ様】]]【御苦労様】([[リーガル千太]]1973) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

 ―帰るときなどのあいさつというのは、とくにきまったことばというのはないのですか―

 「どうもお疲れさまでした」「お疲れさま」とか。真打ちですと「お疲れさん」、普通の人でしたら「ご苦労さま」。

 ―それは出ていく人に―

 そうです。それがね、電車の中でも出ちゃうのです。「じゃ、さよなら」というと「どうもお疲れさま」というのが習慣で出ちゃうのです。そうすると、ああ、あれは芸人だということがすぐわかっちゃうのです。

 ―いまは芸人以外の人でもテレビ関係の人などは言うようですね。そっちの影響でしょうね―

 いいますよ。いましろうとでも「お疲れさま」はいいますよ。五分ぐらいしかやらなくても「お疲れさま」。自然と普及されていっちゃうのでしょうね、こういう社会から。電車の中でいったりするのが耳に入っちゃうんだね。

リーガル千太「漫才のことば・寄席のことば」?『言語生活』257? p.93

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20110219

2011-02-18

[][]【お疲れ様】飯沢匡1961[[【お疲れ様】]](飯沢匡1961) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - [[【お疲れ様】]](飯沢匡1961) - 国語史資料の連関 [[【お疲れ様】]](飯沢匡1961) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

 次に、もっと不思議、いや私が、ゾツとするくらい嫌いなのは「お疲れさま」という挨拶だ。

 これは芝居が終って(中略)別れる時に私が「サヨナラ」とか「お休み」とかいうと、新劇人は必ず「お疲れさま」という。何でも「様」さえつければ敬意を表せると考えた愚かな表現の、この「お疲れさま」には、ひどく封建的なものを感じるのである。(中略)

 私は歌舞伎の菊五郎劇団や吉右衛門劇団にも脚本を提供したことがあるので、そこで、これと同じ言葉を聞いたこともあるが、その時は、何ら反撥は感じなかった。

 その場の雰囲気にぴったりとしたものがあった。なぜなら、そこには私の想像してる江戸時代があったからだ。

 彼らが、インギンというより、やや卑屈に小腰をかがめて「お疲れさま」というと、私はチョン髷を結ってる作者になったような錯覚に陥った。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20110218

2011-02-17

[][]【お疲れ様】【御苦労様】『現代用語の基礎知識』1980【お疲れ様】【御苦労様】(『現代用語の基礎知識』1980) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 【お疲れ様】【御苦労様】(『現代用語の基礎知識』1980) - 国語史資料の連関 【お疲れ様】【御苦労様】(『現代用語の基礎知識』1980) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

お疲れさま

上司に対して「ご苦労さま」と言ってねぎらうのは失礼。いくら丁重に頭を下げながら言ってもダメ。これは上司が部下に使う言い方である。「ご苦労さまでございました」としても失礼であり,「お疲れさまでした」と使うのが正しい。 新ビジネス・マナー

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20110217

2011-02-16

[]【お疲れ様】斎藤茂吉日記) [[【お疲れ様】]](斎藤茂吉日記) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - [[【お疲れ様】]](斎藤茂吉日記) - 国語史資料の連関 [[【お疲れ様】]](斎藤茂吉日記) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

コノヘン*1ノ夕方ノ挨拶ハ「オ疲レサマ!」ト云フ、マタ病氣見舞ノ時ニハ「ゴサンザンデゴザリマス」云フ。越後ト信濃デ家ノ形式言葉ガチガフ云々。

1930.5.21

斎藤茂吉全集』第29巻 p.724

*1:関川ハ黒姫ト妙高ノ間カライデ、信濃越後ノ境デアル。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20110216