国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2015-01-07

[]薄田泣菫「茶話」 薄田泣菫「茶話」 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 薄田泣菫「茶話」 - 国語史資料の連関 薄田泣菫「茶話」 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

 店員は精々《せい/゛\》京都訛りを出さないやうにして、詳しく新案の談話《はなし》をした。この店員は自分の有《もの》を他人《ひと》に取られまいとする時には京都弁を使ふが、他人《ひと》から何か貰ひ受けたいやうな折には、努《つと》めて京都訛りを押し隠さうとする。

広告新案」大正6.8 冨山房百科文庫 p.349

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20150107