国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2012-07-12

[]「さるがく(申楽)」(梅村載筆・天巻) 「さるがく(申楽)」(梅村載筆・天巻) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「さるがく(申楽)」(梅村載筆・天巻) - 国語史資料の連関 「さるがく(申楽)」(梅村載筆・天巻) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

神楽の神の字の篇を除て申楽と云と、日吉の社家に云習はせども、南都春日の社家に秦川勝が後裔女子を生て男子なし。其女子猿に嫁して男子をうむ。其男子能物まねをするによりて猿楽と云り。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20120712