国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2012-03-15

[]粉身砕身しても知るべきものは仮名なり(夏山雑談・巻五) 粉身砕身しても知るべきものは仮名なり(夏山雑談・巻五) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 粉身砕身しても知るべきものは仮名なり(夏山雑談・巻五) - 国語史資料の連関 粉身砕身しても知るべきものは仮名なり(夏山雑談・巻五) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

   ○漢字假名を付ること

漢字假名を付ることは、なづめることなれども、童蒙に便せんには然るべし。和語文字には、假名付けざれば、よみがたきこともあり。漢音假名は、音書を見てかヘしの音にてつくべし。和語假名は、日本紀以下の史類、和名抄萬葉集、新撰萬葉集等をみて證とすべし。今の世に行はる印板の歌書、物語の類は、傳寫の誤り多くて證據になりがたし。すべて假名五十韻を學て音義を知べし。和漢音義五十音をよく合點すれば、誤りはすくなきものなり。詩文章の法式あるものは、さしをきて論ぜす。物語の類を漢字にてかけば、助語字をすこしわきまへぬれば、さのみ誤も見へがたきものなり。和語假名書は、てにをは正訓、變の添字を能々辨へざれば、あらぬことに聞ゆること多し。文才の淺深は、かな書にてよくみゆるものなり。又和語文章は、人の言なれば、かなを誤れば人の片言をいふがごとし。學者なんぞ是耻ざらんや。されば粉身砕身しても、しるべきものはかなゝりと、先達のいはれしなり。



トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20120315