国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2012-03-02

鶏をトトと呼ぶ(夏山雑談・巻三) 鶏をトトと呼ぶ(夏山雑談・巻三) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 鶏をトトと呼ぶ(夏山雑談・巻三) - 国語史資料の連関 鶏をトトと呼ぶ(夏山雑談・巻三) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

   ○鶏を喚ぶに登々と云ふ

今俗に鶏を喚ぶに登々と云ふ。古へは都《つゝ》々といひけるにや。萬葉集に、都々と云詞を義訓して喚鶏《つつ》と書く。都々登々は五音通するなり。上古はすぺて諸鳥をよぷに都々《つゝ》といひけるにや。古事記の歌の詞に、都々とあるは千鳥《ちどり》をよぶ聲なり。萬の事、今を知つて古へを知らざるは盲者の類なり。と古人のいへり。



トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20120302