国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2012-01-04

死することを「廣島へゆく」と云ふ(夏山雑談) 死することを「廣島へゆく」と云ふ(夏山雑談) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 死することを「廣島へゆく」と云ふ(夏山雑談) - 国語史資料の連関 死することを「廣島へゆく」と云ふ(夏山雑談) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

   ○廣島へゆくといふ俗諺

西國邊にて卑俗の諺に、死することを廣島へゆくと云ふは、安藝國|嚴《いつく》島は神地にて穢をいむ故に、人死する時は、其死體を片時もおかず。息たへぬればいまだ死せざるよしにて、廣島の地へ渡し、彼所にて喪を發し葬ることなり。是故に死と云ことをいみて、廣島へゆくといひならはせしなり。是嚴島の土俗の忌言なり。然るを國々にいひ傳て、西國邊は專らかくいふ事になりぬ。近年は大坂にても、卑賎の人は多くかく云ふなり。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20120104