国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2011-04-26

[]「Hの言葉は私がつくった」 「Hの言葉は私がつくった」 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「Hの言葉は私がつくった」 - 国語史資料の連関 「Hの言葉は私がつくった」 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

この変態性、変質者にかわるスマートな言葉がないだろうか? 等話しあっていた時、私がそうだ変質者、変態性の頭文字ローマ字の「H」だ、今後は代名詞としてHと呼ぼうと提案した。石川君他クラスメートが素晴しいと賛同した。早速担任の木梨進先生にお話しすると「バッカー」と怒鳴られたが、すぐ「にっこり」と面白いなあ(中略)大木忠美校長先生にお話しすると、それは仲々いい言葉だね(中略)この賛同に調子づいた私はそのPR作戦を考えた。

 HのPRは手分けして実行する事となった。まず身近からという事で(中略)、旧制の岩佐高等女学校(現立正学園)[…]親類の女生徒に顔を赤らめながらHの話しをすると、それはいいねH 友達に伝えるわよと云って呉れた。[…]「ウテナ化粧品会社」があり[…]その知人に話し忽ち成功した。[…]私も府立旧制中学校を経て、昭和二十年四月米軍機の空襲の中、高工そして昭和二十六年三月旧制大学を卒業した。その間「H」の言葉をPRすると既に知っている人もいたのに驚いた。

下山照夫『東京方言録』

昭和14年頃


【H】

【エッチ】

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20110426