国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2011-04-02

松尾捨治郎校註『あゆひ抄』おほむね下(7) 松尾捨治郎校註『あゆひ抄』おほむね下(7) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 松尾捨治郎校註『あゆひ抄』おほむね下(7) - 国語史資料の連関 松尾捨治郎校註『あゆひ抄』おほむね下(7) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント


一 たて(經)ぬき(緯)世にいふ五十韻なり。

經緯圖

 あぬき

 いぬき

 うぬき

 えぬき

 おぬき


世にたてぬきのことわりをしらぬ人、あたて(經)のおもじをわたてにおき、わたてのをもじをあたてにおくはあやまれり。師説たてぬきの辨あり。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20110402