国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2011-03-11

[]関西弁でやったところ、無事に盛り上がった。 関西弁でやったところ、無事に盛り上がった。 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 関西弁でやったところ、無事に盛り上がった。 - 国語史資料の連関 関西弁でやったところ、無事に盛り上がった。 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

北山修は久しぶりにフォークコンサートの司会をやったが、フォークルの時と同じように関東弁でやったので、会場はしらけるし、登場するシンガーももうひとつのらない。そこは賢い北山修のこと、次は関西弁でやったところ、無事に盛り上がった。この頃、ラジオで登場するとき、彼から真剣に「標準語の勉強をしたほうが良いか?」という相談を受けたが、「もちろん関西では関西弁やで…」。同じことで後に、西岡たかし相談に来て、同じ返事をした。

川村輝夫『ちこんきディレクターの音楽道』2000.4.30発行

1968年頃。

ちこんきディレクターの音楽道

ちこんきディレクターの音楽道

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20110311