国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2011-03-01

[]「お」 「お」 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「お」 - 国語史資料の連関 「お」 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

夜寝る時お休みといふ直ぐ後から『これは人に言ふ事でしょう。』とさも不思議そうに申ますのです。(中略)自分が今から休みますといふ報告であると解釈したらしく『お』の接頭語用法を略理解しかゝった彼女は、己れの事に『お』を附して言ふは訝かしと思ふたと見えます。六歳の女児の理屈としては私も一寸説明に困りましたのでしたが、大人でも平常無意識に取行って居る因襲や言語に注意すれば、恁うした類の事は幾何も有る事を可笑しく思ひました。

末摘花『ともづな――船員の妻の手紙日記1916「子供の礼節」 p.42

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20110301