国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2011-02-21

[]【お疲れ様】【御苦労様】長谷川幸延[[【お疲れ様】]][[【御苦労様】]]([[長谷川幸延]]) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - [[【お疲れ様】]][[【御苦労様】]]([[長谷川幸延]]) - 国語史資料の連関 [[【お疲れ様】]][[【御苦労様】]]([[長谷川幸延]]) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

円朝が高座をすませて下りた楽屋に、松林伯円が、少し暗い顔で坐っていた。

 しかし、僧門ともあろう者が、そんな顔を見せはしない。高座から下りて来た円朝を見ると、とっさにサッと明るい表情に変った。高座のイキだ。伯円にとってたいして難かしい芸ではない。

「お目出度う」

 いつもなら「御苦労さま」「お疲れさま」というべきところを、円朝にとっての新出発だから、伯円は、お目出度うといって、ニッコリ笑った。が、ふっとそれが今夜の円朝にとっては、皮肉に感じとられはしないかという気がしたのだ。

長谷川幸延「新しき道」?(『寄席行燈』下)p.12

VickyVicky2015/08/28 14:12You're a real deep thekinr. Thanks for sharing.

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20110221