国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2010-03-26

[]牙音喉音にも軽重を立つるは甚穏ならず(韻鏡指要録牙音喉音にも軽重を立つるは甚穏ならず([[韻鏡指要録]]) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 牙音喉音にも軽重を立つるは甚穏ならず([[韻鏡指要録]]) - 国語史資料の連関 牙音喉音にも軽重を立つるは甚穏ならず([[韻鏡指要録]]) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

舌音の第二第三等歯音の第二第三等も唇音に準へて軽音とす。其知徹澄嬢は端透定泥に比れば舌を用ふること軽し。照穿牀審禅は精清従心邪に比ぶれば歯に当ること軽ければ各軽音とするに失なし。又、説文長箋牙音喉音にも軽重を立つるは甚穏ならず、与すべからず。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20100326