国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2010-03-15

[]五十音によりて古言こころを(村田春海五十音辨誤」) 五十音によりて古言のこころを(村田春海「五十音辨誤」) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 五十音によりて古言のこころを(村田春海「五十音辨誤」) - 国語史資料の連関 五十音によりて古言のこころを(村田春海「五十音辨誤」) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

古言のこゝろをとくに、五十音によりていふ事は、はやくより有し事にて、顯昭法師、仙覺律師などもおほくこれによりて古言を注せし事あり。近き世にいたりて、難波の契沖阿閣梨、稻荷山の荷田宿禰、吾師縣居の翁など、皆この五十音をもて古言をとくたよりとぞなしたる。されど、これを用ふるに道あり。その道を知らで、みだりにこをたのむ時は、かへりて誤ことおほきものなり。

戸田吉郎「契沖と五十音図」

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20100315