国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2010-03-11

[]【はべり】が古今集にあるとは(今物語) 【はべり】が古今集にあるとは([[今物語]]) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 【はべり】が古今集にあるとは([[今物語]]) - 国語史資料の連関 【はべり】が古今集にあるとは([[今物語]]) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

 ある人、歌よみ集めて、三位大進と聞えし人の許に行きて見せあはせけるに、

「侍るといふことをよみたりけるを歌の言葉にあらず」

といひければ

「古き歌にまさしくあり」

といひけり。

「よもあらじものを」

といふに、

「いで、ひき出でゝ見せ奉らむ」

とて、古今をひらきて、

  「山がつの垣ほにはへるあをつゞら」

といふ歌を見せける。いとをかしかりけり。

http://uwazura.seesaa.net/article/45779213.html

付記

「はべり」の語源は「這ひあり」と言われることがある。


参照

http://www.aichi-gakuin.ac.jp/~kamiyama/ko.htm#koka

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20100311