国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2010-01-04

[]「当世人の言語一として新聞記者の口吻に似ざるはなし」(永井荷風「桑中喜語」「当世人の言語一として新聞記者の口吻に似ざるはなし」([[永井荷風「桑中喜語」]]) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「当世人の言語一として新聞記者の口吻に似ざるはなし」([[永井荷風「桑中喜語」]]) - 国語史資料の連関 「当世人の言語一として新聞記者の口吻に似ざるはなし」([[永井荷風「桑中喜語」]]) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

人おのおの好むところあり。下戸あり。上戸あり。上戸の中更に泣くものあり笑ふものあり怒るものあり。然れども下戸上戸おしなべて好むところのものまたなきにあらず。淫事即これなり。当今の人これを呼んで性の要求となす。なほ車夫の四辻を十字街といひ芸妓の手踊を舞踊とよぶが如し。当世人の言語一として新聞記者の口吻に似ざるはなし。厭ふべきなり。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20100104