国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2009-02-24

[]小説って東京弁で書いてある(村上龍小説って東京弁で書いてある(村上龍) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 小説って東京弁で書いてある(村上龍) - 国語史資料の連関 小説って東京弁で書いてある(村上龍) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

龍  ぼくは会話でいちばん苦労したんですよ。ある人に読んでもらったら、「会話がひどい」っていわれたんです。第三稿ぐらいまで書き直したんだけど、いま読み返すと、やはりひどいんですよ。そのころぱ電車に乗っても、他人の会話聞いたりして、ずいふん勉強しましたね。これは、ぼくにとってぱ大きな問題だった。ぼくは十八年間、九州弁でしゃべってたわけですよね。小説って東京弁で書いてあるでしょう。ぽくは東京弁が下手なんですね。他人がしゃべってるように書けなかったんですよ。

春樹 ぼくも十八まで関西弁しかしゃべらなかったんで、東京へ出てきてどうなるかと思ったら、三日で完璧にしゃべれるようになったね。あれは、なんか性格の問題じゃないのかなあ。ぼくは順応性が高いらしい。

龍  ぼくはずいぶん苦労したんですよ。

村上龍村上春樹『ウォークドントラン』p.27

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20090224