国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2009-02-05

[]拾ひ讀み 拾ひ讀み - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 拾ひ讀み - 国語史資料の連関 拾ひ讀み - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

自分の祖母は非常に小説好きであつた。……それで自分の五六才の頃には、能く祖母から草双紙の絵解きをして貰つたので。『八犬伝』なんかは馬琴の原書ではなく『犬廼草子』や『かなよみ八犬伝』の方で、早くから馴染であつた。此他『白縫物語』だの『雲龍九郎』だの『児雷也』だの『妙々車』だの『一休草紙』や『釈迦八相記』や、そんな種類の本の挿絵を見て、時には仮名の拾ひ読みなどして喜んでゐた……。

(江見水蔭『自己中心明治文壇史』)

前田愛明治初年の読者像」『近代読者の成立

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20090205