国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2009-02-04

[]朗々と誦す 朗々と誦す - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 朗々と誦す - 国語史資料の連関 朗々と誦す - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

五才の春から親しく父の口授の下に、習ひ始めた「三字経」といふのは、其頃汎く世に行はれたもので「人之初。性本善。性相近。習相遠」などと韻を踏んで、倫理・道徳、天文、歴史、文学を極めて平易に説いた、三十枚程の本であつた。「三綱君臣義。父子夫婦従…。蚕吐糸犬守夜……」朗々として誦する父が句読は、今尚ほ耳底に在る心地がする。

  (渋沢栄一『伝記資料』第一巻)

前田愛明治初年の読者像」『近代読者の成立

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20090204