国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2009-01-28

[]讀み聞かせ(山川均『ある凡人の記録』) 讀み聞かせ(山川均『ある凡人の記録』) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 讀み聞かせ(山川均『ある凡人の記録』) - 国語史資料の連関 讀み聞かせ(山川均『ある凡人の記録』) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

私の少年時代には、子供の読みものは少かったし、(中略)木版時代の本屋が消滅したあとに、田舎ではまだ活版時代の新しい本屋は生れていなかった。それで小学校のころ、私は新聞広告を見て、博物の書物がほしくなり、わざわざ東京の冨山房(?)から取りよせたこともあった。なにか特別の家でもないかぎり、どこの家庭にも蔵書というほどのものはなく、私のところでも『論語』や『孟子』『唐詩選』とか『日本外史』といったたぐいのものがいくらかあったにすぎなかった。懇意な家に『八犬伝』があったので、一と冬『八犬伝』を借りて来て、毎晩、父がおもしろく読んでくれるのを、母は針仕事を、姉は編物をしながら、家内じゅうで聞いたことがあった。ところが一二年すると、久しぶりにまた『八犬伝』でもというので、また借りて来ておさらえをするというありさまだった。

  (『山川均自伝』)

前田愛「音読から黙読へ」

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20090128