国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2009-01-26

[]タカクラ・テル タカクラ・テル - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - タカクラ・テル - 国語史資料の連関 タカクラ・テル - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

 むかし,仙臺の侍と鹿兒島の侍とが,江戸のまんなかで出あった。道を聞いたが,さっぱりことばが通じない、やむをえず,謠で用をたした。

「いかにものをおたずね申し候。」

「おたずねとは何ごとにて候ぞ?」

「番町へはいかに參り候やらん?」

「さん候。この坂をのぼられ,右に參らりょうずるにて候。」

タカクラ・テル「ニッポン語再建」中央公論1937.7(タカクラ・テル『青銅時代』ASIN:B000JBBTKU所収)

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20090126