国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2009-01-12

[][]江戸時代楷書(岡本綺堂江戸時代の楷書(岡本綺堂) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 江戸時代の楷書(岡本綺堂) - 国語史資料の連関 江戸時代の楷書(岡本綺堂) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

岡本綺堂『風俗江戸物語』河出文庫p.126

 楷書を教えなかった手習師匠

 上方《かみがた》では手習《てならい》を教えるところを寺子屋と唱えていましたが、江戸では寺子屋とは言いません。単に手習師匠といっていました。

 この時代には、手習師匠のところで教える文字は、仮名草書行書の三種類だけで、決して楷書《かいしよ》は教えなかったのです。その当時は楷書というものを現今の隷書《れいしよ》のように見なしていたので、普通一般には使用されなかったのです。

 むしろ楷書を実用的の字として認めないくらいであったのです。現今の人達が隷書を知らぬといっても少しも恥にならないのと同じように、昔の人達は楷書が書けないといっても、決して恥にはならなかったのです。

 公文書、その他の布達なども、必ず草書、即ち御家流《おいえりゆう》が用いられ、出版物には多く行書が使用されていました。従って楷書というものは一種の趣味として習うくらいのもので、別に書家について習わなければなりませんでした。

 手習師匠と書家とは、全然別種のものであることはいうまでもありません。

藤田眞一氏「〈書家〉蕪村」(大阪大学国語国文学会 2009.1.10)の指摘による。

岡本綺堂『風俗江戸東京物語』河出文庫 ISBN:4309406440





今井金吾古書の楽しみ(20)都路往来と木曽路往来」(日本古書通信776(1994.3))

岸井良衞「手習いの師匠」*1

*1:岸井良衞『江戸雑稿』毎日新聞社,1977 asin:B000J8YO5U

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20090112