国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2008-03-01

韻鏡関係蔵書 韻鏡関係蔵書 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 韻鏡関係蔵書 - 国語史資料の連関 韻鏡関係蔵書 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

韻鏡,刊一冊,外題はがれ。刊記「寛文二壬寅霜月穀日 高橋清兵衛」 大本

韻鏡,刊一冊,外題はがれ。刊記「書林古川参郎兵衛」 大本

校正韻鏡,刊一冊,外題「新刊改字/校正韻鏡 全」、見返「校正韻鏡」「世間流布之韻鏡、其誤多、或開為合合又為開、空位為定位以定位為空位、且亦文字之筆畫魚魯〓刀之誤不為不少故日月燈切韻指掌等之以古本、逐一改之、新號校正韻鏡、鏤于梓」。刊記「元禄九丙子暦正月吉日 五条通扇屋町 川勝五郎右衛門板」

校正韻鏡,刊一冊,外題はがれ、見返「校正韻鏡」「世間流布之韻鏡、其誤多、或開為合合又為開、空位為定位以定位為空位、且亦文字之筆畫魚魯〓刀之誤不為不少故日月燈切韻指掌等之以古本、逐一改之、新號校正韻鏡、鏤于梓」。刊記「元禄九丙子暦正月吉日 五条通扇屋町 川勝五郎右衛門板」

韻鏡諸鈔大成,刊三冊存(一本。三本。三末)

韻鏡諸鈔大成,

韻鏡秘事?,刊2冊、半紙本,「寛文九年菊月吉日 益英述之、室町小亀三左衛門?板行」。題箋は「?/韻鏡秘事(乾坤)」(黒地に白)、乾冊の内題「韻鏡秘事抄」柱「韻鏡秘事?、巻全」、坤冊の内題「韻鏡秘事大?全二」柱「韻鏡秘事大全、巻」

韻鑑古義標註,刊三冊,河野叡龍述、「元文三載戊午三月吉旦 皇都書肆 文臺屋次郎兵衛 秋田屋平左衛門 同梓」

韻鑑古義標註補遺?,刊一冊,外題「韻鑑標註補遺」、界浦子?撰、「元文三載戊午三月吉旦 皇都書肆 文臺屋次郎兵衛 秋田屋平左衛門 同梓」

磨光韻鏡,刊二冊,外題はがれ、「延享紀元甲子秋八月 原刻 天明七年丁未夏五月 再刻 心斎橋順慶町 柏原屋清右衛門」。

磨光韻鏡,刊二冊,外題「磨光韻鏡」、「延享紀元甲子秋八月 原刻 天明七年丁未夏五月 再刻 心斎橋順慶町 柏原屋清右衛門」。

磨光韻鏡,刊一冊(下のみ),外題「磨光韻鏡」、「延享紀元甲子秋八月 原刻 天明七年丁未夏五月 再刻 心斎橋順慶町 柏原屋清右衛門」。「磨光韻鏡後篇?序」「題磨光韻鏡後篇」付き。

磨光韻鏡,刊五冊,外題「韻鏡磨光大全?」、二冊目末に「安永二年癸巳春二月刊 天明八年戊申冬十一月購版 心斎橋順慶町 浪華書林 柏原屋清右衛門」。三冊目末に「安永二年巳二月 天明八年戊申冬十一月購版 浪華書林 大阪心斎橋通北久太郎町 河内屋喜兵衛 同心斎橋通南久宝寺町 伊丹屋善兵衛」五冊目末に「安永九年庚子二月 天明八年戊申冬十一月購版 浪華書林 大阪心斎橋通北久太郎町 河内屋喜兵衛 同心斎橋通南久宝寺町 伊丹屋善兵衛」。

磨光韻鏡後篇,刊一冊,外題はがれ、「安永二年癸巳春二月刊 天明八年戊申冬十一月購版 心斎橋順慶町 浪華書林 柏原屋清右衛門」。

磨光韻鏡,刊二冊,「延享紀元甲子秋八月 原刻 天明七年丁未夏五月 再刻 安政四年丁巳夏五月 三刻 大阪心斎橋通北久太郎町 河内屋喜兵衛 同心斎橋通南久宝寺町 伊丹屋善兵衛」。三浦道斎韻学一得」の広告。「題磨光韻鏡後」あり。見返しに「安政四年丁巳再版 無相文雄師著 道斎三浦先生?校正 磨光韻鏡 浪華書肆 積玉圃 文榮同 合梓」。序の下に「楓樹屋蔵」

磨光韻鏡,刊一冊(上のみ),見返しに「安政四年丁巳再版 無相文雄師著 道斎三浦先生校正 磨光韻鏡 浪華書肆 積玉圃 文榮同 合梓」(袋付き、袋も同じ)。序の下に「楓樹屋蔵」、[東武隆榮傳明之藏]

韻鏡易解,刊一冊(四冊を合綴),「元禄四辛未稔九月上旬 書林 山口茂兵衛 岡村喜兵衛 開板」。[瑶光書屋蔵書][福井氏蔵書印]

韻鏡易解,刊二冊,字子列位の末に「元禄十二己卯正月吉旦 書林 山口茂兵衛」、その前に「元禄四辛未稔九月上旬 書林 山口茂兵衛 岡村喜兵衛 開板」。[このぬしせんくわ?

新増韻鏡易解大全,刊五冊,外題五冊目「新増韻鏡字子大全?」。「享保三年龍集戊戌 季春上浣日 京都二条通富小路通東江入町 書林 和泉屋 山口茂兵衛」、見返「武陽密乗沙門盛典 再選 新増韻鏡易解大全 華洛書肆 楊文軒 重雕」

新増韻鏡易解大全,刊五冊,外題すべて「新増韻鏡易解大全」。「享保三年龍集戊戌 季春上浣日 京都二条通富小路通東江入町 書林 和泉屋 山口茂兵衛」、別に発行書林十肆あり。

鼇頭韻鏡?,刊一冊,見返し「精明文字正点画 鼇頭韻鏡 貞享丁卯仲春日」奥付なし。

韻鏡開奩,刊六冊,「正保丁亥孟冬吉旦 書林豐齊堂校梓刊」。但し六冊目のみやや大きく、取り合せ本なるべし。

韻鏡詳解評林,刊五冊,外題はがれ,刊記「元禄十五壬午年 九月上旬 二条通御幸町西へ入町 山岡四郎兵衛開版」

韻鏡袖中秘伝抄,刊十冊,外題「諸説辨断/韻鏡袖中秘伝抄?」、見返「洛下 毛利貞斎編集 韻鏡秘傳鈔? 武陽 鏡實校正」刊記「正徳第五乙未仲夏穀旦 〓下文堂 小森善兵衛 山崎庄兵衛 河南四郎右衛門 井上七郎兵衛」

指微韻鏡

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20080301