国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2007-12-02

[][]「文の詞を歌によむ事」(本居宣長玉あられ』) 「文の詞を歌によむ事」(本居宣長『[[玉あられ]]』) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「文の詞を歌によむ事」(本居宣長『[[玉あられ]]』) - 国語史資料の連関 「文の詞を歌によむ事」(本居宣長『[[玉あられ]]』) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

文の詞を歌によむ事

同じき雅言《ミヤピゴト》の中にも、文章に用ひて、歌にはよむまじきも多し、たとへば ふみをやるなどいふことは、雅言ながらも、歌にはよまぬ詞なり、すべてふみのことをば、古のよき歌共には、水ぐき 玉づさ 跡などのみよみて、ふみといふことは、或は まだふみも見ず天の橋だてなどやうに、橋を踏ゆく事などによせてこそよみたれ、たゞにふみとは、をさ/\よまざりき、又答へすることを、いらへといふは、文章には常のことなれども、古のよき歌には、をさ/\見えず、歌に多くよむは、近き世の事也、大かた此たぐひいと多かるを、今はえしもあげず、みなもらしつ、なずらへてわきまふべし、物語の語をとりてよむにも、此こゝろえあるべき事にて、文章にてはめでたき詞も、歌によみては、いやしきがあるぞかし、又同じ言も、文と歌とにて、いひざまつゞけざまのかはるべきもおほし、しかるを近世人は、すべてこれらのわきまへなく、歌にはよむまじき詞を、好みよみて、それをかへりてめづらしくおかしきことに思ふめり、大かた近き世、すべて戀の歌の、殊につたなくいやしげなるも、おほくは此ゆゑ也、或は物語の詞つゞきを、やがてそのまゝによみなどして、歌のやうにもあらぬがおほきを、きく人はたえわきまへで、めづらか也とめではやしあふめるは、かへす/゛\もかたはらいたし、

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071202