国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2007-11-12

ネバー・好き(獅子文六「自由学校」ネバー・好き(獅子文六「自由学校」) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - ネバー・好き(獅子文六「自由学校」) - 国語史資料の連関 ネバー・好き(獅子文六「自由学校」) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

「飛んでも、ハップン! いけませんよ、ユリーにチャージさせるなんて……」

「それが、きらい! そんな、ヘンな形式主義、ネバー・好きッ!」

新潮文庫版 p.45


樺島忠夫『日本語はどう変わるか岩波新書 1981

p.2

敬語本質敬語研究のあり方 辻村敏樹 1972 『国文学』敬語ハンドブック

p.18

自由学校』の「ネバー好き」などは例外中の例外。

見坊豪紀『辞書と日本語』玉川大学出版 1977

奥山益朗『現代流行語辞典』への言及



米川明彦『明治・大正・昭和の新語・流行語辞典』三省堂(2000)

現代語研究会『現代の流行語』三一新書(1963)

吉沢典男「戦後の新語流行語 "あぶれ-すらんぐ"の諸相」『言語生活』91(1959)

牧村健郎「獅子文六時代(8)」『日本古書通信2007.5(2007)

米川明彦『日本俗語大辞典』東京堂(2003)

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071112