国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2007-11-11

[]都の言葉(屠竜工随筆?都の言葉([[屠竜工随筆]]) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 都の言葉([[屠竜工随筆]]) - 国語史資料の連関 都の言葉([[屠竜工随筆]]) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

都は古へ大内裏の時こそ万国会する所にて、中央の声ならめ、今に成てはしからず。(中略)仮令古より詞にても女にしては可なり、男子においては余りに軽薄にして中央の詞とも聞こえず。


徳川宗賢(1978)『日本人の方言?筑摩書房 p.84

徳川宗賢(1981)『日本語の世界言葉・西と東中央公論社 p.107

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071111