国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2007-11-05

[]辞書を買ってもらう(田宮虎彦「別れて生きる時も」) 辞書を買ってもらう(田宮虎彦「別れて生きる時も」) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 辞書を買ってもらう(田宮虎彦「別れて生きる時も」) - 国語史資料の連関 辞書を買ってもらう(田宮虎彦「別れて生きる時も」) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

 美智がその辞書を、母に買ってもらったのは、女学校でどうしても国語辞書がいるようになった時のことであった。美智は母にねだって、やっとそれを買ってもらった。学校で国語辞書を持っていなかったのは、美智ひとりであった。

前後に、辞書の記述有り。「緑いろの表紙のちいさな辞書」。「やまし」の語釈一致し、『小辭林』と思われる。

角川文庫による。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071105