国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2007-11-03

[]薩摩弁を学ぶ(時事新報福沢諭吉薩摩弁を学ぶ([[時事新報]]・福沢諭吉) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 薩摩弁を学ぶ([[時事新報]]・福沢諭吉) - 国語史資料の連関 薩摩弁を学ぶ([[時事新報]]・福沢諭吉) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

昔日、徳川政府の盛んなるときは、田舎の士族が江戸に勤番して、不用ながらも江戸語を語つて旗本の風を学び、維新以来旧鹿児島藩士の勢力盛んなれば、上国の士人までも、わざと薩州の語を学びて媚を献ずるに異らず。畢竟時勢に走るの軽薄児といふべきのみ

(一種変則ノ讒言)原文片仮名

明治一五年三月六日


森銑三『明治東京逸聞史』

飛田良文『東京語成立史の研究』p.194

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071103