国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2007-11-02

[]坂東声太平記坂東声(太平記) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 坂東声(太平記) - 国語史資料の連関 坂東声(太平記) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

公家の人々いつしか言ひも習はぬ坂東声をつかひ、着も馴れぬ折烏帽子に額を顕はして武家の人に紛れんとしけれども、立振舞へる体《てい》、さすがに媚《なまめい》て額付《ひたひつき》の跡以ての外にさがりたれば、公家にも付ず、武家にも似ず、只都鄙《とひ》に歩《あゆみ》を失ひし人のごとし。(巻二十一、天下時勢粧事)


吉沢義則東西兩京の言葉戰ひ

松村明(1986)『日本語の世界日本語の展開』pp.14-15

徳川宗賢(1978)『日本人方言筑摩書房 p.74

徳川宗賢(1981)『日本語の世界言葉・西と東中央公論社 pp.92-93

渋谷勝己(2008)『シリーズ日本語史日本語史インタフェース』p.159 徳川宗賢(1981)経由

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071102