国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2007-10-11

忌詞 忌詞 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 忌詞 - 国語史資料の連関 忌詞 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

松屋筆記、二-六(古く齋宮齋院の忌詞ありて、延喜式に載せらる、また常の詞にも、病を歡樂、【吾妻鏡その外家記におほし】臍帶を切るをホソノヲヽ繼グ、【榮花卯花の卷】梨をありの實、【大草料理の書】などいふ類古書におほかり、これをしらずしては、皇國の古書に解しがたきこと少からず、或儒者吾妻鏡の註釋せしものに、頼家御歡樂によりて、人に對面なきよしを書きたる處に、かく放逸の振舞なれば、天下を失へるよしを、こと/゛\しく論じいひたるは、かたはらいたき論也、此の書二冊刊本也、取るに足らぬ説ども也、)



廣文庫「忌詞」に引く。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071011