国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2007-08-16

[]「なんばん」(『梅の塵』) 「なんばん」(『[[梅の塵]]』) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「なんばん」(『[[梅の塵]]』) - 国語史資料の連関 「なんばん」(『[[梅の塵]]』) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

○なん蛮の事

越前の国、また近江の国、処によりて、唐がらしを南蛮といふ。又江戸にて云。唐もろこしを、南ばん黍といふ。又皇都《かみがた》にては、是を南蛮と云。元此両品。南蛮国より渡りたるもの故、かく国々にて呼ものならむ。又越後の国にても、唐がらしを南ばんと云にや。彼獅子舞の囃し言葉に、○しちや、かたばち、小桶でもてこひ、すつてんてれつく、庄助さん、なんばん、喰つても、からくもねへといふ。

日本随筆大成〈第2期 第2巻〉

日本随筆大成〈第2期 第2巻〉

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070816