国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2007-08-10

形状の詞作用の詞鈴木朖言語四種論」) 形状の詞・作用の詞(鈴木朖「言語四種論」) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 形状の詞・作用の詞(鈴木朖「言語四種論」) - 国語史資料の連関 形状の詞・作用の詞(鈴木朖「言語四種論」) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント


用の詞、はたらく詞、活語なんと、古來一つに言來れるをば、今|形状《ありかた》作用《しわざ》と、分ちて二|種《くさ》の詞とせるは、終りに附きてはたらくてにをはの、本語にてきれ居《す》わりたるもじの、第にの[い]の韻なると、第三の[う]の韻なるとの差別也、第二の韻なるは、[し][り]の二つ也、[し]は、[きら/\し][すか/\し]なんどの[し]にて其意しらる、即俗に[何々しい]と云[しい]のこころにて、其有樣を形容《かたどり》いへる詞なり、[けし]、【しずけし、はるけし】、[たし]、【うれたし、めでたし】、[めかし]、【ふるめかし、おぼめかし】、なんどの[し]も其類にて[高し][卑し][善し][惡し][悲し][樂し]のたぐひの[し]、皆同意也、[り]は[有り]也、[あ]は[あり/\]、[あざやか]、[あらはる][あきらか]の[あ]にて、物につゞく寸は省《はぶ》かれ消ゆる也、[居《をり》]は、[ゐあり]也、[聞けり][見たり]は、[聞あり]、[見てあり]也、[往けり]、[還れり]は[ゆきあり]、[かへりあり]也、かく[り]もじを終りにつくる時は、本|作用《しわざ》の詞なるも、皆其|形状《ありかた》になる也、さればこの[し][り]の二もじにてとまる詞は、すべて皆物事の形状《ありかた》なり、

(原文片仮名)


石垣謙二作用性用言反撥の法則

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070810