国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2007-08-02

[]山の手の用語(鏑木清方「明治の東京語」) 山の手の用語(鏑木清方「明治の東京語」) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 山の手の用語(鏑木清方「明治の東京語」) - 国語史資料の連関 山の手の用語(鏑木清方「明治の東京語」) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

ISBN:4003111621

山の手の用語は多少違っていたろうが、芝居のように「しからば御免」とか「後刻|御意《ぎよい》を得るでござろう」といっていたものでもあるまい。私の家内《かない》の父は旗本であったが、自宅で自分のことを目下《めした》にいう時は「おいら」といって、目上には「わたくし」といったそうだ。「わたし」とか「あたし」とかいう言葉は他の者にも使わせなかったという。この「おいら」というのは、江戸文芸では女もいっており、家内の祖母はやはり「おいら」だったそうだが、これがごく軽く上品に出て、字面で感じるようにいかついことはなかったというから、巽《たつみ》の芸者の、あの読むといかにもあらっぽい、いけぞんざいな、(というこの「いけぞんざい」が既に明治語の部に属する)口のききかたも直《じか》にはもっと色気も味もあったのだろう。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070802