国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2007-07-27

五音 五音 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 五音 - 国語史資料の連関 五音 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

やがて五音《ごいん》──古代の音韻学でいう喉音《こうおん》、顎音《がくおん》、舌音《ぜつおん》、齗音《ぎんおん》、唇音《しんおん》──が出なくなる。

式貴士「吸魂鬼」(『吸魂鬼 (角川文庫 (5547))』所収)

一般的な古代音韻学五音唇音舌音牙音歯音喉音で、この「喉顎舌齗唇」は、やや新しい。


この話は、筒井康隆『残像に口紅を』を思わせるところがある。音が抜けて意味をなさないように見えるのだが、「カ行に関する語彙による思考が失われていった」ともある。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070727