国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2007-07-03

新屋敷幸繁日本語の歴史と発展の原理」大東亜文化協会編『日本語の根本問題』 新屋敷幸繁「日本語の歴史と発展の原理」大東亜文化協会編『日本語の根本問題』 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 新屋敷幸繁「日本語の歴史と発展の原理」大東亜文化協会編『日本語の根本問題』 - 国語史資料の連関 新屋敷幸繁「日本語の歴史と発展の原理」大東亜文化協会編『日本語の根本問題』 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

http://webcatplus-equal.nii.ac.jp/libportal/DocDetail?txt_docid=NCID%3ABN11600184

 増進社 昭和18.2.10 p227

狂言言葉は、単なるざれ言葉ではなく、当時の模範的言葉・標準的民間語ともいふべき室町言葉であったので、これが今日明治大正昭和と標準語の源流にもなってゐるのである。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070703