国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2007-04-21

[]不馴れの薩摩弁を濫発 不馴れの薩摩弁を濫発 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 不馴れの薩摩弁を濫発 - 国語史資料の連関 不馴れの薩摩弁を濫発 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント


田中光顕『維新風雲回顧録』


 馬場の播磨屋というのに宿をとった。薩摩弁を使ったら、薩摩人と思いこむに違いない、長州土州の浪人者と感づかれては危険であるというので、私は、不馴れの薩摩弁を濫発した。

 だが、もとより付焼刃は、すぐ現われる。宿屋の者に気づかれたらしいが、それでも訴人だけはしなかった。

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1173529/193

天保14~昭和14

土佐の人。

河出文庫 ISBN:4309471994

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070421