国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2007-04-16

[]鹿児島言葉、とんと分からぬ 鹿児島言葉、とんと分からぬ - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 鹿児島言葉、とんと分からぬ - 国語史資料の連関 鹿児島言葉、とんと分からぬ - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

渋沢栄一『雨夜譚』岩波文庫p.72

全体この折田(要蔵)という人は薩藩ではさまで身分のよい人ではないけれども、幕府からの御用というのでにわかにその宿所に紫の幕を張って、容体ぶるというような風であったが、その従者は総て純粋の鹿児島言葉であるから、他郷の人には頓と話が分らぬ。ところで自分はやや鹿児島言葉もまた江戸の言葉も分るから、他方へ使者の用事などはいつでも折田から自分へ命じて、


井上ひさし「国語元年」前書(『叢書日本語の世界10日本語を生きる』ISBN:4124017308

折田要蔵

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070416