国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2007-04-14

[]坪内逍遙シェークスピア訳の薩摩弁使用 坪内逍遙、[[シェークスピア]]訳の[[薩摩弁]]使用 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 坪内逍遙、[[シェークスピア]]訳の[[薩摩弁]]使用 - 国語史資料の連関 坪内逍遙、[[シェークスピア]]訳の[[薩摩弁]]使用 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

春の屋大人?逍遙博士  野村喬?

少年の日に、空色の装禎をした袖珍版の沙翁全集に親しんだわたしは、「ウインザーの陽気な女房?」などで田舎者があられもなき薩摩弁方言で立ち現われるのに、イギリス人も薩摩弁を使うのかとさえ思ったくらいだったが、そこには逍遥薩摩ッポヘのいわれもない侮蔑が潜んでいたことを知ったのである。


現代日本文学大系 第一巻 政治小説坪内逍遙二葉亭四迷』月報44 筑摩書房昭和46年2月)





http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070417/p1

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070414