国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2007-04-12

[]福沢諭吉「旧藩情」 福沢諭吉「旧藩情」 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 福沢諭吉「旧藩情」 - 国語史資料の連関 福沢諭吉「旧藩情」 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント


上士の風は正雅せいがにして迂闊うかつ、下士の風は俚賤りせんにして活溌かっぱつなる者というべし。その風俗をことにするの証は、言語のなまりまでも相同じからざるものあり。今、旧中津藩地士農商の言語なまりの一、二を示すこと左のごとし。

 上士下士
見て呉れよと
いうことを
みちくれいみちくりいみてくりいみちぇくりい
行けよという
ことを
いきなさいいきなはい
又いきない
下士に同じ下士に同じ
又いきなはりい
如何いかがせんかと
いうことを
どをしよをかどをしゆうかどげいしゆうか
又どをしゆうか
商に同じ

 このほか、筆にもしるしがたき語風の異同枚挙まいきょいとまあらず。故に隔壁かくへきにても人の対話を聞けば、その上士たり、下士たり、商たり、農たるの区別はあきらかに知るべし。(風俗を異にす)

http://www.aozora.gr.jp/cards/000296/files/45664_24680.html


飛田良文「英米人の習得した江戸語の性格」国語学108

飛田良文現代日本語の形成」(『新日本語講座日本語の歴史』汐文社)

飛田良文近代語彙の概説」(講座日本語の語彙6)

飛田良文『東京語成立史の研究』

水原明人『江戸語・東京語・標準語』講談社現代新書 1994.8

安田敏朗『「国語」の近代史』中公新書1875

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070412