国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2007-04-10

[]「常言を俗と賎しめて執らざるは」(香川景樹歌学提要」) 「[[常言]]を俗と賎しめて執らざるは」(香川景樹「[[歌学提要]]」) - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「[[常言]]を俗と賎しめて執らざるは」(香川景樹「[[歌学提要]]」) - 国語史資料の連関 「[[常言]]を俗と賎しめて執らざるは」(香川景樹「[[歌学提要]]」) - 国語史資料の連関 のブックマークコメント


古言をのみ雅なりとし、常言を俗と賎しめて執らざるは、臭体也とておのを厭ふに似たり。厭へども身を捨る事をえず。賎しめても俗をまぬがれがたし。



板坂元『日本の古典町人文化の開花』講談社現代新書 p183に現代語訳で

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20070410