国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2006-05-28

[]杉本苑子 杉本苑子 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 杉本苑子 - 国語史資料の連関 杉本苑子 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

海音寺潮五郎杉本苑子「濃尾治水 幕府薩摩、武器なき戦い」(『日本史探訪13幕藩体制の軌跡』角川文庫 1984.11.25発行 もとNHK1975放送

杉本 ……ご承知のように薩摩言葉には強い訛りがございます。大変難解です。ところが、濃尾平野に来れば、地元の人たちは美濃語を使う。江戸から出張してきた幕吏たちは、江戸の言葉を使う。これでは意志の疎通を欠くのは当然で、ごく些細な言葉の行き違いがいろいろなトラブルの原因になったと思うのです。

杉本苑子『孤愁の岸』講談社文庫 上 1982.2.15発行 p.149(もと1962.10講談社刊)

美濃、江戸薩摩──。おたがいに言葉は通じにくく、連絡上の手違いも起りやすい。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20060528