国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2006-04-29

「室町言葉「室町言葉」 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「室町言葉」 - 国語史資料の連関 「室町言葉」 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

司馬遼太郎「武士と言葉」初出『オール読物』1970-9刊 今文春文庫『余話として』1979.7.25第1刷による。p122〜p130

しかし日本語標準語ができあがったのは明治からではなく、もっと前の室町時代であるようにおもわれる。

「室町言葉

 が、標準語であったようである。

(中略)

ただこういう土臭い連中も、狂言の普及のおかげで、耳を懸命に傾けていれば、なんとか光秀の唇から出ることばがわかったにちがいない。というのは、狂言における口語日本語は、光秀の室町言葉とほぼおなじなのである。

司馬遼太郎「武士と言葉」前出

室町言葉さえ知っておれば、東は津軽から西は薩摩まで旅行できた。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20060429