国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2006-04-23

上田萬年 上田萬年 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 上田萬年 - 国語史資料の連関 上田萬年 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

国語と国家と」(『国語のため明治文学全集p110下) 千島のはても、沖縄のはしも

国語研究に就て」(『国語のため明治文学全集p116下) 此国語学は、国文学者の言葉などをば、日本言葉の一部分だけとして研究するので、他の大工左官のことばも、奥州薩摩の方言も同様、敢て其間にすきゝらひをば致しませぬ。

「内地雑居後に於ける語学問題」(『国語学叢話』p104また『国語のため第二』明治文化全集p132)

東京語とて、未だ全然日本の標準的談話語と定まりたるにもあらず、九州人は九州語を話し、東北人は東北語を談じて、其間に毫も制裁なきことは、既に議会の議事筆記を見ても明瞭なる事実なり。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20060423