国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2006-04-08

[]吉沢典男日本語のしくみ』 吉沢典男『日本語のしくみ』 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 吉沢典男『日本語のしくみ』 - 国語史資料の連関 吉沢典男『日本語のしくみ』 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

(日本少年文庫15)国土社 昭和57.4.25p188

 江戸時代にも、そういう例がありました。鹿児島藩(かごしまはん)と、青森藩(あおもりはん)の武士たちが、江戸城(..じょう)で、話しあいをするときは、江戸弁(..べん)と、青森弁(..べん)を話せる通訳(つうやく)がひとり、それに、江戸弁(..べん)と鹿児島弁(...べん)を話せる通訳(つうやく)がひとり、このようにふたりの通訳(つうやく)があいだに立って話をすすめないと、むずかしい話、細かい話はできなかったという、いい伝えがあります。

 そこで、江戸時代には、九州の人と、遠くの人が江戸で話をする場合には、両ほうが、共通にうたわれていた謡(うたい)(謡曲(ようきょく))のことばを使って話しあったということです。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20060408