国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2006-03-26

[]野上豊一郎「謡曲と狂言」 野上豊一郎「謡曲と狂言」 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 野上豊一郎「謡曲と狂言」 - 国語史資料の連関 野上豊一郎「謡曲と狂言」 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

国語文化講座』4国語藝術篇 昭和16年8月25日発行 朝日新聞社p78

これは単なる話に過ぎないかも知れないが、奥州の侍と薩州の侍と互ひの方言が通じないので、謡(うたひ)の口調(くてう)で掛け合ったら話が通じたといふのも、当時謡曲がいかに全国的に流布してゐたかを物語るものである。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20060326