国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2006-03-23

[]柳田国男標準語方言柳田国男「標準語と方言」 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 柳田国男「標準語と方言」 - 国語史資料の連関 柳田国男「標準語と方言」 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

国語文化講座』1国語問題篇 昭和16年7月20日発行 朝日新聞社p246(『標準語方言』明治書院S24.5.10の「標準語の話」p3、武藤辰男編『美しい国語・正しい国字』河出新書31 S29.2.20の「標準語のはなし」p9)

口の言葉も改まったものだけは統一して居る。維新の非常時に九州の武士が、奥州に行って会話が通ぜず、謡の言葉で物を言ったら通じたといふ話が残って居る。目には一字を知らぬ昔の爺婆が、義太夫の浄瑠璃を聴いてわかって泣いて居たのを、私も屡々見て居る。是なども実は書き言葉では無かったのである。即ち昔は話言葉でも、或種のものは統一して居た。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20060323