国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2006-03-10

[]保科孝一ある国語学者の回想保科孝一『ある国語学者の回想』 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 保科孝一『ある国語学者の回想』 - 国語史資料の連関 保科孝一『ある国語学者の回想』 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

昭和27年10月 朝日新聞社 180頁

わたしの伯父宮島誠一郎が、十七藩の総代として密奏を企て、陸前の寒風沢から乗船、兵庫に上陸して捕えられ、兵庫県令伊藤博文の尋問を受けた。

 郷里から一歩もふみ出たことのない伯父は、伊藤兵庫県令のことばがよくわからなくて困っていると、伊藤県令は気をきかされ、「宮島誠一郎 問う年いかに。」というように、文語で問われて、ようやく答えることができた。薩摩藩士が秋田藩の人と問答するとき、謡曲の文句でうたいながら、その意思がようやく疏通したというのと同工異曲の話である。

金田一春彦氏発見)

宮島誠一郎は『幕末維新人名辞典』『大日本人名辞書』に載る。米沢藩士。『宮島日記』『養浩堂詩集』等あり。〕


金田一春彦日本語は乱れているか」

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20060310