国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2006-03-07

[][]葉隠 [[葉隠]] - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - [[葉隠]] - 国語史資料の連関 [[葉隠]] - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

四九 何がし大坂へ数年相勤め罷り下り、請役所罷り出で候節、上方口にて物を申し候に付て、無興千萬の物笑ひにて候。それに付、江戸上方へ久しく詰め候節は、常よりも御国口ひらき申すべき事に候。おのづから気前よそ風に移り、御国方の事は田舎風と見おとし、他方に少しも理の聞えたる事これある時は、それをうらやみ申す儀、何の味も存ぜず。うつけたる事に候。御国は田舎風にて初心なるが御重宝にて候。よそ風をまね候ては似せ者にて候。或人春岳へ、「法花宗はじゃうがこはき物にて宜しからず。」と申され候へば、春岳申され候は、「じゃうがこはきゆゑ法花宗にて候、じゃうのこはうなければ餘宗にてこそ候へ。」と申され候。尤もの事に候。

岩波文庫上p.43


島田春雄『明日の日本語』s16.2.28冨山房「5全日本言葉 中央語から標準語へ」p223

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20060307