国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2006-01-26

[]石川雅望ねざめのすさび」○古言 20:45 [[石川雅望]]「[[ねざめのすさび]]」○古言 - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - [[石川雅望]]「[[ねざめのすさび]]」○古言 - 国語史資料の連関 [[石川雅望]]「[[ねざめのすさび]]」○古言 - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

  ○古言

ふるき詞は代をふるにしたがひてうつりゆく物なり。鐔の字、和名抄に、唐韻云。鐔音尋、一音潭。和名都美波。劒鼻也とあり。此つみはを、今は高きもいやしきも皆つばとぞとなふる。又同書に、温室経云。澡浴之法用2七物1。其七日内衣。和名由加太比良とありて、湯に入し時きる衣にて、湯帷子なるを、今はゆかたとのみ略しいふなり。粉は和名之路岐毛能とあれば、しろしなど略しいひたらんを、後に御の字をかうぶらせて、おしろいとよべれば、いよ/\なに事ともしれぬ名とはなりにたり。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20060126