国語史資料の連関 このページをアンテナに追加 RSSフィード

間違い・不足などがありましたら、せせら笑って済ませずに、コメントを頂くか、よりよいものをどこかで公開なさっていただければ、幸甚至極です。

2005-12-03富士谷御杖『北邊隨筆』脚結のをもじ

[]富士谷御杖『北辺随筆』脚結のをもじ 20:12 富士谷御杖『北辺随筆』脚結のをもじ - 国語史資料の連関 を含むブックマーク はてなブックマーク - 富士谷御杖『北辺随筆』脚結のをもじ - 国語史資料の連関 富士谷御杖『北辺随筆』脚結のをもじ - 国語史資料の連関 のブックマークコメント

〇脚結のをもじ

をといふ脚結の事、【脚結とは、世にいふてにをはの事なり、亡父かくいはせたるなり。】亡父成章いへらく、酒はのむためにかみ、ふみはみむためにつくれる物なるが故に、さけをのみ、書をみるとはいふべからず。もし、目しひたる人のふみをよみ、やまひある人の、さけをのまば、必をもじはおくべしといへり。古今集雑下「かぜふけばおきつしら浪たつた山といふ歌の左注に、上下略「よふくるまで琴をかきならしつゝうちなげきて云々。このをもじは、琴ひくべき機嫌ならぬに、心ならずひくさまを、おもはせられたるなり。もと琴は、ひくべき為につくれる物なれば、かゝらむ時こそ、をとはいふべけれ。又いと後の世の歌なれども、新古今、公衡、「かりくらしかた野の真柴をりしきてよどの川瀬の月をみるかな、とよめるをもじ、家にかへりてのちみるべき月を、おもほえず、かた野にて見つるかなとの心を、おもはせてなり。脚結はすべて、をもじにかぎらず、いづれもかゝる心えある物なり。おろかにすまじき事、このひとつにてもしるべし。

トラックバック - http://kokugosi.g.hatena.ne.jp/kuzan/20051203